2008年08月19日

ウィキアサーチはグーグルにどこまで迫れるか? ウィキペディア創設者語る


オンライン百科事典ウィキペディア(Wikipedia)の共同創設者ジミー・ウェールズ氏は、ウィキア社の検索エンジン「ウィキアサーチ(Wikia Search)」により、グーグルの検索エンジン市場独占状態を打破したいと語ったそうです。
Google,Yahoo、Microsoftが3強といわれていますが、実際のところはGoogleの一人勝ち状態です。
検索分野のみならず、インターネットの世界ではGoogleが圧倒的なテクノロジーと無料で提供する様々なサービスで、yahooもMSNを引き離しています。
ウィキペディアのウィキアサーチは、オープンプラットフォーム上で稼働し、ウィキペディア同様の「ユーザー参加型」になるということですが、対するGoogleも「Knol」でウィキペディアの牙城であるオンライン百科事典に同様の方式で進出しています
我々ユーザーにとってはこういった競争で、検索やWebサービスの選択肢が広がるので、Googleに挑み続ける人達が現れるのは歓迎したいと思っています。

    



ブログ王!
posted by woozy at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104968972
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。