2008年09月25日

小泉元首相 政界引退へ 


小泉純一郎元首相(66)が25日、次期衆院選には出馬せず、今期限りで政界から引退する意向を表明しました。
自らの政治信念だった「郵政民営化」を強引ともいえる手法で、衆議院を解散させ、さらに郵政民営化反対を掲げる議員の選挙区に刺客を放ち、巧みなマスコミ戦略等で、自民党を大圧勝に導きました。
そして悲願の郵政民営化法案を成立させました。
小泉氏は「自民党をぶっ潰す」と総裁選で言いました。
安倍、福田と2代続けて総理が政権を放り出しました。
自民党は壊れかけているのかもしれません。
ねじれ国会で政権運営がうまくいかない、と福田氏は辞任の理由に挙げましたが、それは国民が改革の痛みに耐えられず、参議院選挙で民主党を含む野党に投票した結果です。
「郵政民営化」という目標を成し遂げた今、小泉氏にはもうやるべきことがなくなったのが政界引退の理由なのではないでしょうか?
しかし、構造改革の負の部分が国民に負担を強いていることを忘れないで欲しいです。
    


ブログ王!
posted by woozy at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

麻生氏 首相に指名される 今後は選挙モードに突入か?


衆議院本会議は24日午後首相指名選挙を行い、自民党の麻生太郎総裁を第92代の内閣総理大臣に指名しました。
既に組閣作業に入っていますが、顔ぶれはともかくとして、一気に解散総選挙の流れになっていくのでしょう。
果たして政権交代が起きるのか、国民の審判が待っています。

ブログ王!
posted by woozy at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

解散総選挙が近づいた 福田首相の無責任な辞任

日本の政治はどうなっているのでしょうか!
1年で2回の総理の辞任です。
ニュース速報を見て驚きましたが、やっぱりかとも思いました。
内閣改造が行なわれ、景気対策も発表されたばかりなのにこの有様です。
世襲議員のひ弱さが見て取れますね。
もっとも同じ世襲議員でも小泉元首相は全然違いますが。
民主党も勢いづいていますが、あそこも一枚岩ではないようです。
ここは解散総選挙しかもう道はないでしょう。
  


ブログ王!
posted by woozy at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。